• Home »
  • NEWS »
  • Amazon、Flipkart、Snapdealに次いでShopcluesが$1B GMVに到達!?
Amazon、Flipkart、Snapdealに次いでShopcluesが$1B GMVに到達!?

Amazon、Flipkart、Snapdealに次いでShopcluesが$1B GMVに到達!?


Shopcluesのアナウンス

オンライン・マーケットプレイスを運営するShopcluesはインド国内のEコマース事業で4番目に(GMVベースで)つけることをアナウンスしました。額面にして10億米ドルのGMVを目標としています。

Shopcluesは既にTiger Global Managementから1億米ドルをSeries Dで今年の6月に調達しています。また、同社は家庭用品・キッチン周り用具などのライフスタイルに関わる商品が主力のマーケットプレイスとなっているようです。

Gross Merchandise Valueとは

Gross Merchandaise ValueとはECなどのビジネスの成長度合いを測るときに用いられる指標の1つであり、ある期間内の売上のことを指します。日本語では「総流通総額」や「年感総流通額」などと言われることもあります。

Shopcluesのベンチマークとその戦略

「12月までにRs 1,500 crore (約28億円)の総流通額を目標としています。お祭りやシーズンに合わせたセールを行うことでこの目標達成を実現していきます。そして来年の頭にはGMVにして10億米ドルを達成していきます。」とShopclues・CEOのSanjay Sethi氏は述べています。

現在はFlipkart、Amazon India、SnapdealがGMVにして10億米ドルを達成しています。

ShopcluesのEコマース領域でのシェアは10%以下であり、15%が現在のベンチマークとして置かれているようです。Shopcluesはまだ他社が攻めきれていないtier-II都市やtier-III都市をターゲットとして捉えており、昨年に比べて7倍もの流通量に成長させることに成功している。

またディスカウントでの商品提供も多くしてきており、特に家電商品に関しては他社に比較して20%以上もの売上をあげております。

 

[原文へ][シェア数:260 (2015年10月25日)]

The following two tabs change content below.
島村 知寛(Chihiro Shimamura)
2015年10月よりCyberAgent Venturesのインド投資アソシエイトを始める。 インドでの長期インターンシップをきっかけにインド市場に興味を持ちはじめる。インド市場に加えて人材・教育領域にも興味を持ち、日本では Wantedly,Inc.やTreasure Dataにてインターンをを経験。 大学では統計解析や機械学習のアルゴリズムをRおよびPythonにて実装していた。
Share