• Home »
  • NEWS »
  • 世界銀行の発表するビジネスのしやすい国ランキングでインドは12ランクアップし、130位に
世界銀行の発表するビジネスのしやすい国ランキングでインドは12ランクアップし、130位に

世界銀行の発表するビジネスのしやすい国ランキングでインドは12ランクアップし、130位に


昨年2015年版ではインドは142位でしたが、2016年版で12ランクアップを果たし、130位となりました。
昨年と同じくシンガポールが1位となり、日本は29位から34位と5ランクダウンしました。

インドは「建設許可」と「契約執行」が世界180位前後と最低ランクにあるものの、「少数株主の保護」は世界8位、「資金調達」も世界42位と健闘しています。

また、昨年比で最も成長したのは、「電力事情」で、137位から70位へとランクアップしています。
世界銀行のレポートによると、インドは最も改善の見られた国の1つであり、それは政府主導で行われたとしています。

基準となるのは以下の10点です。

・事業の始め易さ(Starting a business)
・建設許可(Dealing with construction permits)
・電力事情(Getting electricity)
・不動産登記(Registering property)
・資金調達(Getting credit)
・少数株主の保護(Protecting minority investors)
・税金(Paying taxes)
・海外貿易のし易さ(Trading across borders)
・契約執行(Enforcing contracts)
・破綻処理(Resolving insolvency)

 

モディ首相は3年以内に50位内という高い目標を設定しており、さらなる規制撤廃やビジネス環境の改善に期待です!

 

元記事はこちらからです。

The following two tabs change content below.
河野優人(Yuto Kono)
早稲田大学5年生。1年間休学し、インドでの6ヶ月間インターンで1人で不動産事業の立ち上げを経験。フィリピン国立大学やブラジルW杯観戦後帰国し、Quipperで6ヶ月間インターン。インドのカオスさと経済発展の可能性に魅了され、来年4月からバンガロールでスタートアップ立ち上げ予定。 Facebookグループ (https://www.facebook.com/groups/791942474207614/) も運営中。
Share