• Home »
  • NEWS »
  • 2015年のインドECスタートアップ資金調達額ランキング15社 – 前編 –
2015年のインドECスタートアップ資金調達額ランキング15社 – 前編 –

2015年のインドECスタートアップ資金調達額ランキング15社 – 前編 –


TechinAsiaで「2015年のインドECスタートアップ資金調達額ランキング15社」が発表されていました!前篇と後編に分けて、簡単にランクインしたスタートアップをご紹介しようと思います。

 

1. Paytm – US$890 million
Alibabaから調達を行っているPaytmが2015年インドECスタートアップ資金調達額ランキング1位に輝きました。
Paytmはモバイルインターネット料金のリチャージから、E-wallet、そして今年ECサイトをオープンしました。インドの銀行口座保有率はいまだに50%前後、さらに40~50%の口座は出入金が1年以上行われていないという現状に対して、インド政府はPayment Bank政策を打ち出し、加入と利用がモバイルで完結するオンラインバンクを普及させようとしています。
Paytmはボーダフォンやリライアンスなどとともにインド政府が選ぶPayment Bank事業許可先11社に名を連ねています。

 

2. Flipkart – US$750 million
言わずと知れたインドNo.1ECサイトのFlipkartが2位にランクインです。バリュエーションはSpaceXやPinterest、Dropboxを超える$15Bとなっています。Flipkartは今年サービスをモバイルアプリオンリーにする戦略を発表し、買収済みのファッションECサイトMyntraはすでにモバイルオンリーとなっています。しかし、flipkartはその戦略を再考しているようです。

 

3. Snapdeal – US$500 million
SnapdealはインドNo.2のECサイトです。昨年10月末にSoftBankから$627Mという大規模の資金調達を行ったことはみなさんご存知だと思います。そして今年Paytm同様のモバイルインターネットリチャージサービスのFreechargeを買収し、E-wallet事業も開始しています。PaytmはAlibabaから、SnapdealはSoftBankから資金調達を行っているにも関わらず、両社がE-walletサービスでしのぎを削ろうとしている点はとても興味深いです。

 

4. Pepperfry – US$100 million
Pepperfryは家具ECサイトです。今年7月にゴールドマン・サックスをリードに$100Mの資金調達を行っています。

 

5. Shopclues – US$100 million
ShopcluesはBEENOSの投資先です!総合型のECサイトを運営しており、大都市よりもインドに多数ある中規模都市での存在感が大きい印象です。
今年1月にTiger Globalからバリュエーション$350Mで$100Mの資金調達を行っています。

 

6. Yepme – US$87 million
YepmeはFlipkartに買収されたMyntraと競合するファッション特化ECサイトです。マレーシア政府によるKhazanah Nasionalをリードに$75Mの調達を行っています。

 

7. Homelane – US$54.5 million
Homelaneは設立からまだ1年のインテリアデザインのマーケットプレイスを運営するスタートアップです。Sequoiaなどから資金調達を行っています。
都市部の人々の収入増加によりインテリアデザインの需要が急激に高まっているようです。こういったリッチ向けサービスは今後もさらに生まれてきそうですね。

 

8. Urban Ladder – US$50 million
Urban Ladderは先ほど4位でご紹介したPepperfryのライバルです。Pepperfty同様に家具ECサイトを運営しています。Sequoia CapitalやSteadview Capital、SAIF Partnersなどから資金調達を行っています。

 

前編では総合型ECを中心に、家具やファッションの特化型ECがありました。次回の9-15位にはどのようなECスタートアップがランクインしているのでしょうか。

The following two tabs change content below.
河野優人(Yuto Kono)
早稲田大学5年生。1年間休学し、インドでの6ヶ月間インターンで1人で不動産事業の立ち上げを経験。フィリピン国立大学やブラジルW杯観戦後帰国し、Quipperで6ヶ月間インターン。インドのカオスさと経済発展の可能性に魅了され、来年4月からバンガロールでスタートアップ立ち上げ予定。 Facebookグループ (https://www.facebook.com/groups/791942474207614/) も運営中。
Share